ヴィアティン三重 舞台はJFL
3月12日ホーム開幕戦 チケット発売中

今期から、アマチュアリーグの最高峰日本フットボールリーグ(JFL)での戦いをスタートさせるヴィアティン三重。ホーム開幕戦となるVSソニー仙台FC戦が3月12日、四日市市の中央緑地公園陸上競技場で開催されます。午後1時キックオフ。ヴィアティンのウェブサイトで前売り券を発売中です。

2月25日発行の、桑員ホームニュース、四日市ホームニュースの紙面で、ホーム開幕戦が11日となっていました。
正しくは12日です。おわびして訂正します。

JFLには将来Jリーグ入りを目指すクラブなど全国16チームが参加。前期(ファーストステージ)、後期(セカンドステージ)、各ステージの優勝チームによるJFLチャンピオンシップで年間順位を競います。
ホーム開幕戦の相手ソニー仙台は、昨期ファーストS7位、セカンドS2位、年間6位の強豪で、シーズンの流れを作るためにも重要な一戦となります。
2017年シーズンの新キャプテン稲森睦選手は「Jリーグに向けて、僕たちと一緒に戦いましょう。会場で待ってます」と来場を呼び掛けます。
JFLは全試合、有料観戦となります。チケットは、前売り大人800円(当日1000円)、中高生が前売り、当日とも500円、小学生以下無料。
問(87)6009ヴィアティン三重。

 

 


投稿日:2017年03月01日|カテゴリ:四日市ホームニュース,桑員ホームニュース
ホームニュース記事検索 
バックナンバー
1ページ前へ