19/02/09 お嬢さん

浅井 涼花さん
大徳屋長久白子サンズ店

実家の和菓子店の4代目を目指し、江戸時代から続く老舗菓子店大徳屋長久で日々、修業しています。「両方の良い面を組み合わせて、いい商品を作りたい」
四日市市で菓子店を営む両親の背中を見て育ち、自然と後を継ぐことに。老舗ながらも現代風なアレンジを取り入れている大徳屋長久の門をたたいて、今春で3年目です。
早朝からは本店で菓子の製造、夕方からは白子サンズ店で接客を担当。最近は、あんを生地で包む作業にも取り組み始めました。「まだまだうまくできません。社是の『清潔・正確・スピード』を順守できるように頑張りたい」
将来は「かわいかったり、写真映えしたり、同年代にも喜ばれる、女子だからこそできるお菓子を作ってみたい」と目標を掲げています。


投稿日:2019年02月09日|カテゴリ:鈴亀ホームニュース
ホームニュース記事検索 
バックナンバー
1ページ前へ