18/01/01 お嬢さん

池田 那美希さん
椿大神社

 「誰よりも一番の笑顔で参拝の皆さまを、お出迎えしたい」と、奉職の目標を立てています。
 小学生の頃、同神社の巫女(みこ)の凜(りん)とした姿に憧れを抱き、稲生高校卒業後の昨春から働き始めました。
 「巫女はあまり表情を表に出さない印象があったのですが、皆さん、笑顔で驚きました」。人見知りの性格もあり、最初は笑顔を出すのに苦労しましたが、今は自然と笑みを浮かべています。
 装束姿も板に付いてきました。はかまの帯をキュッと締めると身と気持ちが引き締まります。「家族や友達から、姿勢がよくなったと言われます」
 社会勉強も始まったばかり。「常識のある人間になれるように、いろいろなことを学んでいきたい」と話しています。


投稿日:2018年01月01日|カテゴリ:鈴亀ホームニュース
ホームニュース記事検索 
バックナンバー
1ページ前へ